フォト

バナーリンク

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ジャビットカップ予選決勝戦

7月21日(月)海の日、レッドサンズ6年生チームはジャビットカップ予選大会の決勝戦を戦いました。
対戦相手は、キャプテンのエースを中心に、チームのまとまりが良い「リトルモンキーズ」さんです。
相手先攻で始まった試合。最近は立ち上がりに失点することが多いレッドサンズエースは、この日は制球が良く、初回を三者凡退と無難なスタート。
後攻のレッドサンズは、相手エースの球をよく見極め、先頭打者が四球で出塁すると、盗塁とタイムリーが続き、3点を先制します。
2回以降、レッドサンズエースは、相手打線を散発2安打無失点に抑えます。
攻撃では、やはり四球からチャンスを作り毎回得点として、4回には無死満塁から主軸のタイムリーで7点を挙げ、コールド勝ちとなり念願の優勝を果たしました。\(^o^)/ヤッタァ
140721_rs6_dsc_2063 140721_rs6_dsc_2182 140721_rs6_dsc_2186
140721_rs6_dsc_2259 140721_rs6_dsc_2274 140721_rs6_dsc_2314
140721_rs6_dsc_2326 140721_rs6_dsc_2343 140721_rs6_dsc_2420
140721_rs6_dsc_2432 140721_rs6_dsc_2451 140721_rs6_dsc_2462
決勝戦の後、表彰式が行われました。
6年生チームとしては、低学年の時代から含めて2回目の金メダル獲得です。併せて、ジャビットチャンピオン大会に文京区代表として出場する権利も得ることができました。
ジャビット大会代表の座を獲得したのは、2011年以来3年ぶりです。
最優秀選手には、この大会を通じて本塁打4本を放ち、勝利に大きく貢献したキャプテンが選出されました。
140721_rs6_dsc_2503 140721_rs6_dsc_2509 140721_rs6_dsc_2521
140721_rs6_dsc_2533 140721_rs6_dsc_2570 140721_rs6_dsc_2587
2014年SAVASジャビットカップ文京区大会結果
 優勝  レッドサンズ
 準優勝 リトルモンキーズ
 第3位 菊坂ファイヤーズ
  〃  白山サンデーボーイズ
同日夕方から、優勝祝賀会も開催されました。
2回目かつ6年夏最後の大会での優勝ということで、子供たちよりも大人の方がはしゃいでいたかもしれません。(^_^;)ゞ
140721_rs6_dsc_2645a 140721_rs6_dsc_2655a 140721_rs6_dsc_2675a
140721_rs6_dsc_2966a 140721_rs6_dsc_2990a 140721_rs6_dsc_3005a
140721_rs6_dsc_3014a 140721_rs6_dsc_3017a 140721_rs6_dsc_3039a
この試合を最後に、受験で休部する選手もいます。
残った選手たちは、力を合わせて8月11日から始まるジャビットチャンピオン大会で、レッドサンズらしい強さを今までと同様に発揮できるよう、頑張って欲しいです。

ジャビットカップ予選2回戦&準決勝戦

7月20日(日)、前日の夏季大会決勝の興奮と悔恨を払拭して、レッドサンズ6年生チームはジャビットカップ予選大会2試合を行いました。
先ずは、2回戦として「文京パワーズ」さんと対戦。
この試合では初戦と同じ投手が先発。相手先攻で、先頭打者にいきなり四球を出してピンチとなりましたが、粘りの投球で後続を断ち無失点でスタートしました。
攻撃面では、前日のうっ憤を晴らすかのように打線が繋がり、3回までに毎回得点で10点としました。2回には、先発自らが今季第1号のホームランも放ち、ピッチングに勢いをつけたようで、終わってみれば無安打完封で10対0で完勝して準決勝へ駒を進めることが出来ました。
140720_rs6_dsc_1381 140720_rs6_dsc_1445 140720_rs6_dsc_1452
140720_rs6_dsc_1474 140720_rs6_dsc_1501 140720_rs6_dsc_1546
140720_rs6_dsc_1551 140720_rs6_dsc_1603 140720_rs6_dsc_1624tr
準決勝のもう1試合を挟んで行われた、2試合目の準決勝戦。
対戦相手は、前日に春夏連覇を決めた王者「茗荷谷クラブ」さんを、チーム一丸となって2回戦で撃破し勢いに乗っている「白山サンデーボーイズ」さんでした。
先攻のレッドサンズは、初回先頭打者の四球からチャンスを作り、主軸のタイムリー等で2点を先制します。が、相手も2回裏に鋭い振りから長打を放ち1点を返します。その後4回までに互いに得点を重ね4対2で迎えた5回表に、9番打者からレッドサンズ打線が再び繋がり3点を追加。その裏の相手の攻撃をレッド先発エースがキッチリ抑え、制限時間により7対2で勝利を得ました。
140720_rs6_dsc_1663 140720_rs6_dsc_1752 140720_rs6_dsc_1866
140720_rs6_dsc_1885 140720_rs6_dsc_1903 140720_rs6_dsc_1944
140720_rs6_dsc_1969 140720_rs6_dsc_1981 140720_rs6_dsc_1985
140720_rs6_dsc_1997 140720_rs6_dsc_2024 140720_rs6_dsc_2033
これで、先に決勝進出を決めていた「リトルモンキーズ」さんと文京区代表の座をかけて決勝を戦うこととなりました。
6年生の夏、最後の大会の決勝戦は、選手全員が悔いの無いよう全力をぶつけて欲しいと思います。

第39回文京区少年軟式野球夏季大会閉幕

7月19日(土)、第39回文京区少年軟式野球夏季大会の決勝戦が行われ、レッドサンズ6年生チームが優勝を目指して戦いました。この大会では、地元ケーブルテレビ局もサポートスポンサーとして、ドリンクの提供や「あらぶんちょ」君の応援がありました。
140719_rs_dsc_0632 140719_rs_dsc_0635 140719_rs_dsc_0637

春季大会では、惜しくも準優勝となった6年生チームは、春季王者「茗荷谷クラブ」さんへの挑戦でした。
初回と2回にレッドサンズは得点圏に走者を置くも、いずれもライナーからダブルプレーとなってしまい、得点できず。一方、相手には走者を3塁に置いたときに二度のバッテリーミスで失点し、そのまま0対2と再び準優勝で終わってしまいました。
残念ですが、監督・コーチ、選手の皆さんにはご苦労様と言いたいです。

140719_rs_dsc_0714 140719_rs_dsc_0721 140719_rs_dsc_0845
140719_rs_dsc_0853 140719_rs_dsc_0971tr 140719_rs_dsc_1023
140719_rs_dsc_1026_2 140719_rs_dsc_1090_2 140719_rs_dsc_1122

が、もう一つの大会「ジャビット予選」が残っています。
どうにかして、王者の高い壁を突き崩して栄光を掴み取る力を、6年生チームには発揮して欲しいですね。
本当の労いは、この大会が終わってからといたしましょう。

決勝戦に続いて、表彰式と閉会式が行われました。
140719_rs_dsc_1225 140719_rs_dsc_1272 140719_rs_dsc_1134
140719_rs_dsc_1147 140719_rs_dsc_1172 140719_rs_dsc_1211
140719_rs_dsc_1180 140719_rs_dsc_1206 140719_rs_dsc_1274

夏季大会 成績
学童の部
 優勝  茗荷谷クラブ
 準優勝 レッドサンズA(6年生)
 第3位 レッドサンズB(5年生)
  〃  大塚ミスギホープ

学童低学年の部
 優勝  茗荷谷クラブA
 準優勝 菊坂ファイヤーズ

中学の部
 優勝  大塚オールスターズA
 準優勝 文京レイズ

140719_rs_dsc_1312 140719_rs_dsc_1342

都知事杯2回戦

13日(日)レッドサンズ6年生チームは、都知事杯の2回戦がありました。
勝てば、ダブルヘッダーの3回戦もあります。
前日も2試合こなして、体力的にはシビアな状態ですが、優勝するためには乗り越えないといけない壁の一つでしょう。

対戦相手は、三鷹市代表チーム。
レッドサンズは、左腕が先発し期待以上の好投で5回まで1安打無失点と相手打線を抑え込みます。
攻撃陣は、初回無死2、3塁のチャンスを得るも、後続が討ち取られ無得点。以降、チャンスは作るもあと1本が出ずに我慢比べとなりました。
試合が動いたのは6回。好投の左腕を相手打線が捉え、この日初めての長打を打たれ2失点。
1回戦では、同じような展開で逆転した打線は、最後まで相手投手を捉えきれずに完封されてしまい、0-2で敗戦となりました。
この試合では、初戦では得点機に力を発揮したクリーンナップが完全に抑え込まれてしまったのが痛かったようです。

140713_rs6_dsc_0346 140713_rs6_dsc_0389 140713_rs6_dsc_0439
140713_rs6_dsc_0450 140713_rs6_dsc_0472 140713_rs6_dsc_0565
140713_rs6_dsc_0601 140713_rs6_dsc_0624 140713_rs6_dsc_0314

残念ですが、この後は地元区大会での頂点を目指して、気持ちを切り替えて臨んでいって欲しいです。

2014年 ジャビット予選初戦&夏季大会準決勝戦

台風が通り過ぎた7月第2週の週末、12日土曜日の東京はいきなりの真夏の暑さとなりました。
そんな中、梅雨模様で日程が延期されていた、ジャビット大会の予選1回戦が行われました。
対戦相手は、奇しくも夏季大会初戦と同じ「西千タイガーズ」さんでした。
この日の先発は、普段控えでリリーフに回ることの多い投手でしたが、4回まで2失点と好投。
攻撃陣は好調を維持して、初回に3点を先制すると、2回に1点、4回裏には一気に畳みかけて5得点として9-2で勝利となりました。

140712_rs6_1dsc_9579 140712_rs6_1dsc_9603 140712_rs6_1dsc_9757
140712_rs6_1dsc_9796 140712_rs6_1dsc_9812 140712_rs6_1dsc_9897

次戦の日程は未定ですが、優勝を目指して頑張って欲しいですね。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

同日午後、ダブルヘッダーとなりますが、レッドサンズ6年生チームは夏季大会の準決勝戦を戦いました。
対戦相手は、レッドサンズ5年生チーム。筆者としては3回目の兄弟チーム対戦を応援することになりました。過去の兄弟チーム対戦では、学年の上のチームが力の差を見せつけると言った試合だったのですが、この試合は思わぬ展開となりました。

初回、先攻の6年生チームは幸先良く2点を先制。しかし、5年生チームも負けじとその裏に四球の後に2塁打を放ち1点を返します。以降、4回まではお互い得点を重ね、5年生チームは全く気後れすることなく、6年生チームに喰らいついていました。
最終回には6対3で6年生チームがリードしていましたが、その裏の5年生の攻撃では先頭打者が2塁打で出塁し、後続のタイムリーで2点差とします。6年生チームはエースが緊急リリーフしますが、何と満塁から2連続押し出しで同点。一気に逆転サヨナラの大ピンチとなってしまいました。が、ここは先輩の意地で追加点を許さず、延長サドンデスへ。
流石に、お尻に火が付いた6年生チームはここで5得点。その裏の5年生の反撃を1点に抑えて辛くも勝利しました。

140712_rs6_1dsc_9943 140712_rs6_1dsc_9949 140712_rs6_2dsc_0012
140712_rs6_2dsc_0046 140712_rs6_2dsc_0121 140712_rs6_2dsc_0154
140712_rs6_2dsc_0161 140712_rs6_2dsc_0207 140712_rs6_2dsc_0303

5年生チームは、各選手が精一杯自分の持てる力を発揮し、のびのびと臆することなく試合に臨んでいた結果で大健闘と言えるでしょう。6年生のいる他チームを撃破し、準決勝まで勝ち上がった実力がフロックではないことも証明したと思います。
翻って6年生チームは、不甲斐ないと言われても仕方ない結果となってしまいました。正直、負けなくて良かったというレベルです。
次戦の決勝は、過去苦杯を飲まされ続けている王者ライバルチームとの対戦ですが、準決勝のような内容ではなく、しっかりと勝ちきる試合を見せて貰わないと、5年生チームに顔向けできませんね。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

同日行われた、夏季大会低学年の部の4年生チームは、準決勝戦で惜しくも逆転負けとなってしまいました。

7月8日の新聞記事

7月8日(火)発売の東京中日スポーツ新聞に、6日の都知事杯大会初戦を戦ったレッドサンズ6年生チームの記事が掲載されました。

20140708tochu003

ただし、記事にもあるようにレッドサンズよりも力のある強豪チームが目白押し。
最後まで記事に載せてもらえるよう、勝ち続けていきたいですが、相当ハードな道のりです。

2014年夏季大会2回戦&都知事杯1回戦

7月最初の週末、東京は梅雨模様のぐずついたお天気でスタートしましたが、日曜日は梅雨の中休みとなりました。

5日土曜日、朝方までの雨がいったん上がり、夏季大会の2回戦が行われました。
が、レッドサンズの試合が始まろうかというときに、止んでいた雨が再び本降りとなってしまいました。通常なら、中止か順延となるほどの雨だったと思いますが、日程の都合と降理だした雨も長くは続かないと判断され、審判団やグラウンド関係者の必死の努力でグラウンドの整備が行われ、夏季大会2回戦を行うことができました。(関係者の皆様のご努力に敬意を表し、感謝申し上げます。)

対戦相手は、強打を誇る「菊坂ファイヤーズ」さんでした。
(筆者この日、体調不良等もあって試合の観戦ができなかったため、写真もありません。以下の記事は、後日、応援の父兄から聞いた話を元に筆者が独自に構成したものです。)
先攻のレッドサンズは、相手の不安定な立ち上がりから無死満塁の絶好の先制チャンスを作るも、後続が三者連続三振に倒れ無得点。その裏の相手の攻撃では、ヒット2本で先制点を取られるという、嫌な流れで試合がスタートしました。
2回も、再び満塁のチャンスを活かせず無得点で終わると、3回には再び2本のヒットで追加点を許してしまいます。そして、大会規定の制限時間からの最終回。雨が小やみになってきたところでようやくレッドサンズ打線に火が付き、打者11人の猛攻で一挙6得点として逆転。
その裏の相手の攻撃を抑えて、準決勝戦へ駒を進めることができました。(^^)v

この試合と同時刻で行われた、レッドサンズ5年生チームの夏季大会2回戦。先週、雷雨でノーゲームとなった試合の再試合でした。
試合序盤、4点を先制した5年生チームは、相手にじわじわと追い上げられましたが、なんとか1点差で逃げ切り、こちらも準決勝進出を決めました。
結果、次の準決勝では、6年生チームと5年生チームの兄弟対決となりました。
雨模様の中、頑張った選手の皆さん、監督・コーチ、応援の保護者の皆さん、大変お疲れ様でした。

また、この試合後に6年生チームが参加予定だった「都知事杯大会」の開会式は、残念ながら雨で中止となってしまいました。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

6日日曜日、レッドサンズ6年生チームは文京区代表として東京都知事杯大会の1回戦に臨みました。
前日5日夕方に予定されていた開会式は、予定時刻頃には青空も広がるほど天候が回復していたものの、金曜日から降っていた雨のためにグラウンド状況が回復せず中止となってしまいました。が、初戦を迎えた東京は、梅雨の中休みで夏の日差しもあって、暑さが戻ってきました。

対戦相手は、練習試合とナガセケンコー大会で相見舞え、三度目となるM区代表AAさんです。今までの対戦は、いずれも互角の戦いながら、僅差でレッドサンズが勝利し2連勝中。
この試合、AAさんにとって「3度目の正直」となる勝利を得るか、「2度あることは3度ある」でレッドサンズが連勝数を3つに伸ばすか…

このところ、立ち上がりに波があるレッドサンズエースですが、この日も相手先頭打者にいきなり三塁打を浴びてしまい、それをきっかけに無死満塁のピンチを招いてしまいます。が、ここで味方守備のファインプレーもあって後続を打ち取り無失点で切り抜けると、以降、強打の相手打線を封じ込めます。後攻のレッドサンズ打線も、2回以降は毎回走者を出しながら決定打を奪えずに、こちらも無得点。
試合が動いたのは5回表、2回から4回まで三者凡退としたレッドサンズエースが、二死走者2塁で初回に3塁打を打たれた一番打者にライト線ぎりぎりを抜かれるツーランを打たれ、ついに2点を先行されてしまいます。しかし、前日の雨中の試合でも2点のビハインドをひっくり返したレッドサンズ打線は、続く6回にクリーンナップにタイムリーが生まれ、相手守備のエラーも重なり同点に追いつきます。
最終回、互いに得点圏に走者を進めるも決勝点を奪えず、特別延長のサドンデス(無死満塁からの攻守)に突入。先攻の相手は、タイムリー1本の2得点。後攻のレッドサンズは、絶妙のセーフティスクイズが決まり1点差とした後、クリーンナップがしっかりライト前に2点タイムリー放ち、見事に逆転サヨナラ勝ちをすることができました。\(^o^)/ヤッタァ

140706_rs6_dsc_9175s 140706_rs6_dsc_9187s 140706_rs6_dsc_9273s
140706_rs6_dsc_9278s 140706_rs6_dsc_9289s 140706_rs6_dsc_9315s
140706_rs6_dsc_9488s 140706_rs6_dsc_9456s 140706_rs6_dsc_9513s
140706_rs6_dsc_9520s 140706_rs6_dsc_9526s 140706_rs6_dsc_9538s

この試合の一番の立役者は、何と言っても延長8回まで一人で投げ切ったエースの力投に尽きるでしょうか。(この大会では、延長サドンデスに限り、1日7イニングの投球制限が除外される規定となっています。)
加えて、キャッチャのリードも素晴らしいものがありました。
第2回戦は、次の13日日曜日に予定されています。「二度あることは三度ある。」この勢いで、難敵を突破していってくれることを期待しましょう。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

同日行われた、夏季大会低学年の部の4年生チームは2回戦を快勝しました。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ