フォト

バナーリンク

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

練習のち練習試合

5月18日(日)、初夏を思わせる強い日差しの下、レッドサンズ6年生チームは、午前中は郊外の公園でみっちり練習し、午後から隣県N市のSGさんにお招きいただき、SGさんのホームである小学校で練習試合をさせていただきました。

SGさんもオール6年生のチームでしたが、光ったのはキャプテンNo.を付けたエース。
見た目以上に重い速球を投げ込んできて、レッドサンズの各打者はなかなか芯で捕えることができませんでした。後でチームの方に聞いたら、幼稚園の頃から野球を続けている少女ということで、びっくり!レッドサンズエースよりも球は速かったように感じました。
内野の守備も堅く、ぎりぎりのライナーやフライをダイビングしてキャッチするファインプレーを数多く見せてくれました。
140518_rs6_dsc_7794

試合は、3回にレッドサンズが1点を先制。4回にSGさんのクリーンナップに連続長打が出て1対2と逆転されます。6回にレッドサンズが追いつくと、最終回に疲れの見えた相手エースから四球を足がかりに2点を勝ち越すことに成功。
その裏の相手の攻撃をレフトのファインプレーで無得点に抑えて、逆転勝ちすることができました。

都知事杯レベルの上部大会では、SGさんクラスの実力のあるチームばかりですから、レッドサンズにとっては非常にいい練習試合となったことと思います。
S県N市SGさんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

この日、春季大会3位となったレッドサンズ5年生チームは、文京区代表として三区親善大会に出場しました。ほとんどの参加チームは6年生主体ですが、レッドサンズはオール5年生のチームです。結果から言えば、6年生相手に善戦するも1回戦で敗退したとのことです。

のびのび?練習試合

5月11日(日)、悔しい春季大会が終わって初の週末。
レッドサンズ6年生チームは、K区FRさんにお招きいただき、練習試合2試合をさせていただきました。

第1試合は、いわゆるAチーム同士の戦い。大会後どんな試合を見せてくれるかと思ってみていましたが、選手たちは大会のプレッシャーから解き放たれたのか、のびのびと野球を楽しんでいる風で、攻撃と守備共にとても良い動きが出来ていました。
初回から3回まで連続で得点し、試合終盤にはダメ押しの追加点。相手の反撃は最少失点に抑えて二桁得点で勝ちました。

続く第2試合、相手チームは5年生のみ。レッドサンズはオール6年生ですから、実力の差が結果に出るかと思いきや…
レッドサンズは、普段先発出場の機会が少ない選手が中心でスタート。初回先攻で、1試合目のいい流れのまま、先取点をあげますがチャンスでもうひと押しができず1点どまり。
すると、その裏にしっかりとしたスイングでヒットを打たれ、直ぐに同点とされます。
3回に、レッドサンズが追加点を挙げると、その裏にすぐに1点差まで詰め寄られます。
この試合では、レッド先発の制球が悪く、特に失点したイニングでは四球がきっかけとなっていました。それでも、何とかレッドサンズが逃げ切り、6年生チームの面目を保てました。
140511_rs6_dsc_7508 140511_rs6_dsc_7091 140511_rs6_dsc_7160
140511_rs6_dsc_7291 140511_rs6_dsc_7313 140511_rs6_dsc_7329
140511_rs6_dsc_7387 140511_rs6_dsc_7427 140511_rs6_dsc_7437
140511_rs6_dsc_7497 140511_rs6_dsc_7504 140511_rs6_dsc_7523

K区FRさんには大変お世話になりました。ありがとうございました。

この日、当初の予定ではこの2試合で終わり、昼食をとって解散でしたが、試合が終わりグラウンドを空けた所へやってきたのが、K区EBさん。FBで、コーチも含め懇意にしていただいているチームです。で、お天気も良いし、折角の機会なのでということで、急遽練習試合を行うことになりました。
EBさんも2試合目、レッドサンズは3試合目となります。
子供たちにとって1日3試合というのは初体験となります。お天気が良い分、陽射しも強く汗ばむ陽気でしたから、子供たちも疲れていてまともな試合になるかなと、少しばかり不安になりましたが、杞憂に終わりました。
EBさんも、K区では常に代表を争う実力のあるチームです。レッドサンズとEBさんそれぞれにチームの持ち味を出した接戦となりました。
当初は、5回予定でしたが時間があるので延長へ。5回時点では負けていたEBさんがその延長最終回で逆転に成功します。すると、その裏のレッドサンズの攻撃でも、四球から相手のエラーもあって一死満塁と一打逆転サヨナラのチャンスを得ます。
ここで、一試合目はファインプレイ、二試合目は先発で苦しんだ選手が、ライト前へヒットを放ち、逆転サヨナラ勝ちとなりました。

3試合目で子供たちはへばっているどころか、まだまだ生き生きと野球を楽しんでいました。
筆者は、1試合目は応援、2試合目と3試合目は塁審に入りましたが、へばったのは大人たちの方だったようです。(掲載写真は最後の1枚を除き、1試合目のものです)

EBさんにも、急な試合でしたが勝ち負けを別にしてもお互いにいい内容の試合になったと思います。お世話になりました、ありがとうございました。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

この日、文京区少年軟式野球連盟の主催で「)第20回全国少年少女野球教室」が六義公園で開催されました。
当初の予定どおりならば、時間があれば教室の様子を見に行こうと思っていましたが、3試合目が組まれたために断念。なので、教室の様子はお伝えすることができません。

第39回文京区少年軟式野球春季大会・アベック優勝は成らず

え5月5日(日)こどもの日の祝日、第39回文京区少年軟式野球春季大会の決勝戦が行われ、レッドサンズで6年生チームと4年生チームが優勝を目指して戦いました。

低学年の部の決勝で、4年生チームの対戦相手は打力に定評のある「菊坂ファイヤーズ」さんでした。
相手先攻の1回表、いきなりヒット2本で無死2,3塁とピンチを招きますが、レッド先発のエースは落ち着いて後続を2三振と内野ゴロに打ち取り無失点に抑えると、その裏にレッドサンズは主軸にタイムリーが出て1点を先制しました。その後も、相手にランナーは許すものの反撃は1点に抑える一方、レッドサンズは3回にホームランなどで4点を追加し、5対1で見事に優勝することができました。
低学年の部の優勝は、昨年に続いての連覇となります。

140505_rs_dsc_6080 140505_rs_dsc_6092 140505_rs_dsc_6151
140505_rs_dsc_6163 140505_rs_dsc_6199 140505_rs_dsc_6205
140505_rs_dsc_6255 140505_rs_dsc_6256 140505_rs_dsc_6309

続いて、全国大会出場を目標としている6年生チームは、準決勝で5年生チームにコールド勝ちした優勝候補筆頭の「茗荷谷クラブ」さんが相手でした。
3回裏にレッドサンズは内野エラーで1点を失いますが、4回表にタイムリーが出てすかさず同点とします。しかし、その裏に四球から相手主軸にタイムリー許し2失点と苦しい展開。
試合終盤、1点差に詰め寄り最終回に二死3塁と同点のチャンスまで作りましたが、今一歩及ばず、2対3で敗れ準優勝となりました。
昨年に続くアベック優勝と目標としていた全国大会への出場のチャンスは獲得することが出来ませんでしたが、関東大会への道は開かれました。
6年生チームには、準優勝の誇りを持って更なる高みを目指して欲しいと思います。

140505_rs_dsc_6438 140505_rs_dsc_6445 140505_rs_dsc_6548
140505_rs_dsc_6572 140505_rs_dsc_6640 140505_rs_dsc_6642
140505_rs_dsc_6664 140505_rs_dsc_6684 140505_rs_dsc_6708

4年生チームの選手・監督・コーチの方々、そして応援の保護者の皆さん、優勝本当におめでとうございます。
6年生チームの選手・監督・コーチの方々、そして応援の保護者の皆さんには、後一歩の悔しさもあるでしょうが、立派な準優勝だったと思います。おめでとうございます。
そして、両チームの皆さん、大変お疲れ様でした。

5年生チームは、準決勝で敗れましたが、6年生が主力となる高学年の部で5年生単独チームとしての第3位は立派な成績だと思います。
低学年チームとともに、夏季大会や秋の新人戦に向けて、しっかりとレベルアップをして欲しいと思います。

決勝戦に続いて、表彰式と閉会式が行われました。

140505_rs_dsc_6909 140505_rs_dsc_6764_2 140505_rs_dsc_6784
140505_rs_dsc_6797 140505_rs_dsc_6828_2 140505_rs_dsc_6837_2

春季大会 成績
学童の部
 優勝  茗荷谷クラブ
 準優勝 レッドサンズA(6年生)
 第3位 レッドサンズB(5年生)
  〃  大塚ミスギホープ

学童低学年の部
 優勝  レッドサンズ
 準優勝 菊坂ファイヤーズ

中学の部
 優勝  文京レイズ
 準優勝 文京チャレンジャーズA

140505_rs_dsc_6960a 140505_rs_dsc_6974a 140505_rs_dsc_7005tr

祝勝会も開催
140505_rs_p1000899 140505_rs_p1000931

春季大会 準決勝2試合

五月晴れとなった5月3日憲法記念日、文京区少年軟式野球春季大会の学童の部で準決勝戦2試合が行われ、レッドサンズから5年生と6年生の2チームが登場しました。
140430_dsc_5451rs6_m

最初の試合で、5年生チームが昨年の新人戦区代表となった優勝候補筆頭の「茗荷谷クラブ」さんに挑みました。
先攻のレッドサンズは相手6年生エースの投球にしっかりバットを振ることができていてヒットも打てましたが、なかなか連打とはいきません。それでも、最終回には長打も出て1点を挙げることができました。
守備では、二人の投手が懸命にストライクを取りますが、少しでも甘く高い球が来るとしっかりと外野の間に打ち返されてしまいます。また、守備もエラーがでてしまい、結果としては1対15とコールド負けとなりました。

140430_dsc_4931rs5_tr 140430_dsc_4936rs5_ 140430_dsc_5010rs5_
140430_dsc_5017rs5_ 140430_dsc_5048rs5_ 140430_dsc_5098rs5_
140430_dsc_5107rs5_ 140430_dsc_5119rs5_ 140430_dsc_5151rs5_

残念ですが、流石に王者の壁は簡単に乗り越えることは出来ませんでしたが、この大会での経験が必ず成長の糧になることでしょう。
5年生チームは、春季大会3位となりました。

2試合目は、6年生チームが「大塚ミスギホープ」さんと対戦しました。
こちらは、エースを中心に安定した守備で無失点で抑えると、6回までに7点を挙げてコールド勝ちとなりました。が、攻撃面では走塁ミスやチャンスでもうひと押しが出来ないなど、ややもたついた感じもありました。

140430_dsc_5173rs6_ 140430_dsc_5190rs6_ 140430_dsc_5225rs6_
140430_dsc_5271rs6_ 140430_dsc_5300rs6_ 140430_dsc_5341rs6_
140430_dsc_5360rs6_ 140430_dsc_5426rs6_ 140430_dsc_5486rs6_
140430_dsc_5502rs6_ 140430_dsc_5512rs6_ 140430_dsc_5519rs6_

それでも、決勝進出となり、5日に5年生チームを一蹴した王者「茗荷谷クラブ」さんと戦うことになります。
5年生までの対戦は、大きく負け越しているレッドサンズですが、ここは是非とも一矢を報いて栄冠を勝ち取って欲しいものです。

同じ日、低学年の決勝戦でレッドサンズ4年生チームが「菊坂ファイヤーズ」さんと戦います。
出来ることなら、ダブル優勝も達成できれば最高ですね。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ