フォト

バナーリンク

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

4月からの新体制

卒業生チームの監督・コーチの方々全員が、チームに残っていただくこととなり、それぞれ新しい学年のコーチに就任されました。

6年生チームにも、一人のコーチが加わりました。
これで、お父さんコーチ3名(全員野球経験者)と合わせて6名体制となり、選手11名に対して恵まれた体制と言えましょう。学童野球最後の年として、この上ないバックアップとなったように思います。春休みの練習も、この新体制の下でビシッと出来れば良いですね。

6年生を送る会 2010

28日(日)は、地元の小学校の体育館を借りて、「6年生を送る会」(卒団式)が開かれました。昨年と同様に来賓として、なとり区議会議員、友好チームの中学軟式野球クラブ「ホワイトライガー」の役員方の参列を仰ぎ、盛大に行なわれました。

3日前に小学校の卒業式を終えた6年生は、これで最後の卒業となります。6年生の監督・コーチの皆さんは、最後の挨拶では感極わる方もおられ、子供たちも涙に暮れていました。加えて、4月からはお父さんの仕事の関係で海外へ行く選手もおり、その保護者(お母さん)も大泣きでした。
選手・監督・コーチのサポートを続けてこられた、6年生のお父さん・お母さん方、お疲れ様でした。また、卒業おめでとうございます。卒団する選手の皆さんには、レッドサンズでの活躍を糧に、野球はもちろんのこと、4月から始まる新しい分野・世界で羽ばたき輝くことを祈念いたします。

100328_0011dsc_5652 100328_0155dsc_5695 100328_0268dsc_5809
100328_0389dsc_5933 100328_0397dsc_5941 100328_0400dsc_5944
100328_0406dsc_5950 100328_0463dsc_6007 100328_0529dsc_6073

式では、在団生も含めて年度表彰が行なわれ、各学年の選手に対して皆勤賞、努力賞、特別賞の表彰がありました。新6年生チームでは、皆勤賞と努力賞それぞれ1名が表彰されました。今回の表彰で特に印象的だったのは、皆勤賞で表彰された選手に、練習も満足に出来ないほどのケガを負いながらも、チーム練習や公式戦に休まず顔を出していた選手が3名もいたことです。新6年生の表彰選手も、その内の一人でした。ケガを押して無理することは勧められませんが、野球に対する情熱のほどを感じさせられました。

この卒団式が終わり、新6年生はいよいよ最高学年6年生としての活動を開始することになります。学童野球最後の一年、実質的には夏までとなるかもしれませんが、精一杯悔いの無いように頑張って野球を楽しんで欲しいと思います。

27日の練習試合

27日(土)のレッドサンズ新6年生チームは、江東区の「元加賀」さんとの練習試合でした。
当初は、「元加賀」さんが手配してくださった夢の島公園グラウンドでの試合を予定していましたが、前日の雨でグラウンドが使えなくなってしまい、一旦は試合も中止となりました。その後、ウチが練習でよく使う秋ヶ瀬のグラウンドが確保できたため、「元加賀」さんに連絡したところ練習試合が出来るなら駆けつけていただけるとのことで、無事練習試合をすることができました。
ただし、急な場所変更と移動に時間がかかったために、「元加賀」さんは昼食遅くなったうえに、ほとんどアップらしいアップなしで試合に臨むこととなってしまいました。「元加賀」さんには、急な移動にもかかわらず試合をしていただき、大変有難くお礼を申し上げます。

試合は2試合。
第1試合目はお互いレギュラーメンバーでの対戦でした。「元加賀」さんも江東区では常に優勝を争う強豪チームで、レッドサンズ先発エースでも、高めの甘い球は逃さず振り抜いて長打を打たれていました。守備面も隙が無く、エラーはほとんどありませんでした。試合は、1回と2回に「元加賀」さんが長打で1点ずつを取って先行。レッドサンズは5回に上位打線が繋がって3点を取って逆転しそのまま終了となりました。
第2試合は、控え選手を入れメンバーでの対戦となりましたが、レッドサンズの先発投手の制球が悪く、四球を足がかりに第1試合と同様「元加賀」さんに2点を先行されました。打撃面も今一つ精彩を欠き、時間切れでの最終回に、こちらも四球を足がかりになんとか同点に追いつくことが出来て引き分けとなりました。

100327_010dsc_4942 100327_023dsc_4956 100327_142dsc_5086
100327_166dsc_5111 100327_184dsc_5129 100327_188dsc_5133
100327_222dsc_5168 100327_283dsc_5233 100327_347dsc_5302
100327_410dsc_5373 100327_480dsc_5444 100327_484dsc_5449

愚息は第一試合に先発、第二試合は途中から出場しました。
第一試合では見逃しの三振などで、今一精彩を欠いていました。第二試合では、途中から滅多に守らない三塁に入りましたが、無難に守備をこなして最終回には同点に追いつくヒットも打てたので、良かったでしょう。ただし、筆者は第二試合序盤からお父さん塁審を交代で勤めたので、写真がありません。

先週の練習試合は見ていませんが、昨秋の頃の勢いには、もう一息というレベルのようです。でも、徐々に上向いてきている兆候は感じられました。

3/27からの予定

小学校は、春休みに入りました。
今週末27日の土曜日から、春休みの練習が始まります。
28日日曜日は卒団式のため練習はお休みですが、来週は毎日、地元のグラウンドでの練習が予定されています。
新学年で迎える春の大会を目指して、気持ちも新たに練習に取組んでくれればと思います。ただし、春のお天気は変わりやすいので、どれだけグラウンドで練習できるかがカギになりそうです。

週末は6年生を送る会

今週24日(水)で3学期は終了し春休みになります。
そして25日(木)には、小学校の卒業式です。
チームの6年生も卒業となり、週末28日(日)には「6年生を送る会」(卒団式)が予定されています。

チームの年間行事の中でも、夏の「夏季合宿」、秋の「親子スポーツ大会」に次ぐ重要なイベントです。なので、お正月頃から準備をスタートさせています。運営の主体は、現5年生の保護者が中心となります。ウチのカミサンも、今年に入ってから準備に追われています。私も、そのお手伝いに時々借り出されていますが、なんといっても当日の写真撮影という大役を任されているプレッシャーがあります。
実は昨年も頼まれていたのですが、丁度この時期にインフルエンザに罹ってしまい、送る会に出席できませんでした。なので、会の進行具合とか、勝手が判っていないのがちょっと不安要因です。

3連休は、見るだけの野球

レッドサンズ新6年生は、この3連休はほぼ事前の予定通りの練習と練習試合を消化したようです。筆者も、当初の予定通り野球以外の所用で3連休を過ごして、野球はテレビで選抜高校野球を見たぐらいで終わってしまいました。

20日(土)は秋ヶ瀬公園でのチーム練習。コーチ曰く「魂の練習」ということで、密度の濃い練習になったようです。
21日(日)は、明け方の暴風雨の影響で、ストレッチを中心とした軽めの練習のみで終わったようです。
22日(月)は、「葛飾アニマルズ」さんと練習試合を2試合させていただいたそうです。結果は、1勝1敗だったそうですが、今年に入ってからの課題の解決の兆しが見れたでしょうか。

愚息は、練習試合の第2試合に先発出場し、1本ヒットは打ったみたいです。ただ、本人曰く、セーフティバントでフライアウトになったことと、ランナーがいるときの守備で思うように対応できなかったことをエラーとして考えていて、あまり浮かない顔をしていました。それでも、野球は楽しめたようなので、引き続き精進して欲しいと思います。
「葛飾アニマルズ」さんには、大変お世話になりました。ありがとうございました。
監督・コーチの方々、応援の保護者の皆さんも、大変お疲れ様でした。

3/20~22の予定

お彼岸の3連休のレッドサンズ新6年生チームの予定です。
大会は負けてしまったので、通常の練習と練習試合が予定されています。(卒団生のさよなら大会の応援も無いので、チョット寂しい?)

20日(土)と21日(日)は、練習です。今年に入って参加した大会での課題を克服し、来月から始まる全日本予選を兼ねた春季大会に万全の体制で臨めるよう、頑張って欲しいところです。練習試合では良い結果を出してくれていたので、何かしらの成果を見せてくれることを期待したいと思います。
22日(月)春分の日は、練習試合が予定されています。
相手は、葛飾区の強豪「葛飾アニマルズ」さんとのことです。

この3連休の筆者は、珍しく(?)仕事や長男の進学関係行事などなど諸事多忙となりそうで、練習のお手伝いと試合の応援も出来そうにありません。これまた残念!?

苦しいときの牽引者

先日の試合の敗戦記事の中(コメント)で、チームの一体感が今一つ物足りなく感じると書きました。これは、負けている不利な状況で、ムードメーカーとしてチームメートの気持ちを盛り上げることができる選手が目に付かなかったことが、理由の一つではないかと思っています。

子供たちの連帯感は、決して弱くないと思っています。
飛び抜けて野球のセンスや能力が優れた子供がいるわけではなく、同一学年ではありますが、少ない人数で戦い上部大会でもそこそこの成績を残してきているのですから。特に、勝った試合では気持ち良い位、選手たちは控え組も含めて笑顔を見せて声を掛け合い、試合を楽しんでいます。ですが、先日のような大きなハンデを背負った不利な状況では、声は掛け合いますが選手たちに笑顔はありません。監督・コーチも、当然のことながら気持ちを盛り上げようと指導を行い、子供たちもキャプテンを中心に応えようとはします。しかし、勝っているときと同じ様にはなかなかいきません。これは、小学生ならば当たり前のことかもしれません。

ですが、本当に強いチームでは、不利な状況でもチームメートの気持ちを鼓舞するように声を掛け、選手全員が決して諦めない、最後まで歯を食いしばって試合に臨むと言う気持ちで一つにできるようなムードメーカーになる選手がいるように思います。
そういった役割を演じられる子供は、キャプテンを任されていることが多いとは思いますが、もう一つのポイントとして、その相方役の存在もあると考えています。具体的には、ムードメーカーの鼓舞に一早く応えて、二人で他の選手を引っ張っていける選手です。ムードメーカーに応える役割がキャプテンであっても良いでしょう。

この役割を担える選手二人がいれば、そのチームは底力を発揮できるチャンスが凄く広がるように思います。ウチのチームでは、やはりキャプテンがチームの牽引役を担っています。しかし、それに応える側の役割を担う選手がはっきりと決まっていないようにも見えるので、不利な流れを変えきれないのかなと感じられます。
ただ、これも逆に言えば誰もがムードメーカになる可能性があるとも考えられます。このようなことを考えること自体が親の過大な期待なのかもしれませんが、子供たち自身にも不利な苦しい時にどう気持ちを持って戦っていくのか、勝利を掴むために何が必要かを感じ取ること。そして、それを行動に起こすことを、今よりももっと強く明確にできるようになってくれればと思ってしまいます。

サヨナラ大会も

14日ホワイトデー、一週間遅れで地元のサヨナラ大会が開幕しました。
卒団生チーム、泣いても笑っても最後の公式戦です。

相手は古豪「駒込チャイルド」さんでした。
立ち上がりは、両チーム先発の投手戦の様相でしたが、3回に試合が大きく動きました。二死までは簡単に取ったものの、その後四球と安打を続けられ、満塁になった所で走者一掃の3塁打を打たれるなどして、あっという間に6点を取られてしまいました。前日、高熱を出して控えにいた投手が二番手に上がり、その後を零点に抑えきり、ヒットも打つなど攻撃面でもチームを引っ張りましたが、余りに点差が大き過ぎました。結果、6対2でよもやの初戦敗退。最後の大会は一試合のみで終わってしまいました。

100314_036dsc_4108 100314_080dsc_4156 100314_106dsc_4182
100314_141dsc_4218 100314_218dsc_4303tr 100314_232dsc_4317
100314_297dsc_4393 100314_306dsc_4404 100314_316dsc_4414_2

野球ですから勝ち負けはあって当然。しかし、3回の失点の流れは、まるで前日の新6年生の試合の再現を見ているようで、ちょっとせつなかったです。

卒団生の皆さん、とても残念でした。が、皆さんの頑張り、ファイトはしっかり伝わってきました。悔しいでしょうが、これから先、レッドサンズでの試合の経験を活かして次のステップへ踏み出していってください。
監督・コーチ、応援の保護者の皆さん、お疲れ様でした。

大敗

13日(土)にナガセケンコー杯の第2戦に挑んだ新6年生チーム。
残念ながら、目黒区の強豪「不動パイレーツ」さんを相手に大敗を喫しました。

3週間ぶりにお天気となった週末、南風が強く吹いていましたが気温も上がってまずまずの野球日和。試合前は普段と変らぬように見えた子供たち。試合は初回先攻の相手に2アウトを簡単に取るも、その後ヒットとエラーで1点を先攻されます。
その裏、レッドサンズも四球から3安打連続で同点に追いつき、尚も一死満塁とチャンスを貰いましたが、後続が二者連続三振となり追加点を取れず。これで、流れが相手にいってしまった感じです。続く2回、1回と同様二死までは簡単に取ったものの、四球を足がかりに長打とエラーが絡んで一気に5点を取られてしまいました。4回に四球から長打で2点を返すも、5回に1点を追加され勝負アリ。7対3で敗退です。

(スコア)
   12345 R
 FP 15001 7
 RS 10020 3

100313_021dsc_3554 100313_044dsc_3577 100313_067dsc_3600
100313_075dsc_3608 100313_208dsc_3753 100313_221dsc_3770
100313_242dsc_3791 100313_256dsc_3805 100313_347dsc_3909
100313_385dsc_3951 100313_419dsc_3990 100313_481dsc_4053

この試合、強豪を相手にしてミスが多ければ絶対勝てないと言う試合でした。
攻撃面では、やや相手投手が荒れ球だったかもしれませんが、四球を多くもらった反面、ボール球に手を出して凡打や三振になるケースが目立ちました。対して、相手はまさに「好球必打」。レッドサンズ先発の高めに浮いた球を、逃さずヒットにしていました。また、走塁面でも打球に対する判断の遅れでアウトになったのも目に付きました。守備の面では、送球のミス全てが、相手の得点に繋がってしまいました。もちろん、子供たちは手を抜いているなんてことはなく、随所にいいプレーも有りました。

ただ、結果だけ見れば、相手との完成度の差が有るように見えてしまいました。練習で出来ることが試合になってできないのは、練習不足なのか精神的な弱さなのか…
あと、試合を見ていて、子供たちがどこか試合を楽しめていないように見えました。これは、5点を一気に取られたショックがあったからでしょうか。

来週の過密な試合の心配は、まったく皮算用で終わってしまいましたが、今までになく喪失感が大きい負けでした。次の公式戦は、4月の地区春季大会です。これからは、学童最後の年として、トーナメント戦を終えるたびに喪失感が大きくなりそうです。なので、親の勝手かもしれませんが、子供たちには簡単に負けないで欲しいとも思ってしまいます。

3/13~14の予定

13日(土)は、新6年生チームはナガセケンコー杯の第2戦の予定です。
2週続けて雨で流れてしまいましたが、今週は3度目の正直で試合ができそうです。目黒区の強豪「不動パイレーツ」さんを相手に、大会としては5週間ぶりの試合で、どんなパフォーマンスをみせてくれるか、楽しみと不安が入り混じっています。

14日(日)は、通常練習の予定です。願わくば13日の試合に勝って、次に向けて気合を入れた練習と行きたいところです。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

卒団生チームも、先週雨で流れたさよなら大会が開会します。ただし、日程の関係上、開会式は行なわれないようです。

ナガセケンコー杯 第2戦の予定 その3

2月27日(土)に続いて3月6日(土)も雨で中止となってしまった、ナガセケンコー杯の第2戦の3回目の予定が決まりました。今週末3月13日(土)の朝9時からの予定です。結果としてはさらに1週間、都合2週間のスライドとなりました。
今週末の天気予報は、現時点ではお日様が見えています。3度目の正直で試合をしたいですね~。久しぶりの試合で、子供たちはエネルギーを爆発させるか、試合感が狂って不完全燃焼してしまうか、気になるところです。

今度の予定では、先週同様1日4試合消化する予定となっています。ただし、今週末の予定では、第2試合の時間帯に試合が予定されていません。なので、試合終了後の片付けは、時間に追われることが無さそうです。
もっとも、試合時間1時間半の制限は変わりはないので、試合の戦略としては、先行逃げ切りが理想なのも変わりありませんが・・・

しかし、ここまで日程が雨で流れると、大会主催者や各チームの関係者の皆さんは日程調整が大変でしょうね。ご苦労様です。

またも、雨、雨

この土日、6日と7日は東京地方は共にの一日となってしまいました。結果、ナガセケンコー杯は両日とも全試合中止となりました。これで、7日間雨に流されたことになり、いよいよ試合日程が大変なことになりそうです。

土曜日は、結局お昼過ぎに降り出すという予報よりも、雨の降り始めが早くなってしまいました。当日の朝、主催者から開催する旨の連絡があったので現地に向かい、アップを始めました。しかし、試合開始予定時刻の1時間前に雨が本降りとなってしまい、試合中止が決定。アップも終わらない内に、無念の帰路につくこととなりました。
日曜日は朝から一日雨でしたが、朝起きたときが一番気温が高くて、夕方にはが降ろうかというぐらい寒い一日となりました。

雨が降れば、試合が流れるだけではなく練習も満足に出来ません。両日とも高架下など雨のかからない場所での運動をするのが精一杯。時間も半日で終わりです。

次の週末は、今の予報では雨は避けられそうです。子供たちは、まるまる3週間グラウンドから離れていて試合感が鈍ってしまわないか心配ですが、相手チームも同じ条件ですし、なんとかやってくれることを信じましょう。まずは、次の試合を勝たなければ、その先の心配をしても意味がありませんからね。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

地元での卒団生チームによるさよなら大会の開会式と1回戦全試合も、日曜日の雨で中止となりました。こちらも試合日程に余裕がありませんから、ダブルヘッダーの試合が避けられそうにありません。

3/6~7の予定

今週末の新6年生チームの予定です。
6日(日)は先日アップしたとおり、朝9時からナガセケンコー杯の第2戦を目黒区の「不動パイレーツ」さんと戦います。この試合に勝てば、ベスト16となります。東京都代表を何度も経験している強豪チームを相手に、どのように対応していくのか。また、途中練習試合があったとは言え、5週間ぶりとなる公式戦をどう戦うのか。興味は尽きません。

そんな選手の調子も心配ですが、もっと気になるのはお天気。
天気予報では、雨マークが土日に出ています。試合のある土曜日は、最初の内は曇りの予報となっているので、何とか試合が出来ればよいなと思っています。

7日(日)は、雨が降らなければ、通常練習の予定です。雨でグラウンドが使えない場合は、軽めの練習となるかもしれません。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

同じ週末7日(日)から、地元で卒団生(6年生)チームによる「さよなら大会」が始まります。
レッドサンズとしては、試合は翌週の予定とのことで、開会式に参加するのみとのこと。こちらも、日曜日の天気次第では、翌週の試合も含めて予定が変わる可能性があります。

ナガセケンコー杯 第2戦の予定 その2

2月27日(土)に予定されていて、雨で中止となってしまったナガセケンコー杯の第2戦の予定が決まりました。今週末3月6日(土)の朝9時からの予定です。結果としては1週間のスライドとなりました。

が、若干条件で違うところがあります。今週末は、日程が立込んできている関係で、当初1日3試合の予定だった所を、4試合消化する予定となっています。即ち、試合時間1時間半の制限で、規定の7イニング前でも試合が終了することになりそうなので、試合の戦略としては、先行逃げ切りと言うのが理想と言えそうです。

もっとも、今週は先週にも増して、週末にかけてのお天気が悪そうです。試合が出来るように、てるてる坊主に願掛けでもしましょうかねぇ。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ