フォト

バナーリンク

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

第14回TEPCO大会

27日(日)、レッドサンズ5年生は6年生との混成チームで、TEPCO大会に参加しました。

090927_625dsc_9835 090927_053dsc_9195
選手宣誓は、レッドサンズ5年生先発投手

大会は、オール文京とオール豊島、女子チーム同士の親善試合2試合と各区選抜チーム同士5試合が行なわれました。
レッドサンズは、選抜戦として豊島区の池中支部選抜チームと対戦しました。先発は5年生バッテリー。緊張からかヒットとエラーで初回2点、2回に1点を取られました。レッドサンズは1回に1点を返し、2回裏には5年生の3ランホームランで一気に逆転。その後、6年生ピッチャーが後を引き継ぎ、6年生も3塁打を放つなどしてお互いに2点を取り、6対5で勝利を得ました。応援団も大盛り上がりでした。

大会の各試合の結果は以下のとおりです。(女子チームの試合を除く)

 (文京)   (豊島)
オール文京 対 オール豊島
   2  対  5

Dsc_9321
レッドサンズからもオール文京に参加

本富士選抜 対 雑中支部
   3  対  2

 富坂地区 対 大中支部
   2  対  6

  全駒込 対 道和支部
   8  対  0

オール大塚 対 西中支部
  12  対  1

レッドサンズ対 池中支部
   6  対  5

090927_419dsc_9613 090927_453dsc_9656 090927_484dsc_9687
090927_239dsc_9405  090927_356dsc_9532_2 090927_492dsc_9695tr
090927_507dsc_9710 090927_535dsc_9741_2
090927_588dsc_9798

結果、選抜試合5試合中4試合で文京区チームが勝利し、対抗戦としては文京区の勝利となりました。通算成績で文京区の8勝となりました。
各試合の最優秀選手として、レッドサンズからは3ランを放った5年生選手が選ばれました。

9/26、27の予定

26日(土)は、5年生は通常練習。

27日(日)は、6年生と一緒に「TEPCO大会」に参加する予定です。
「TEPCO大会」は、名前のとおり東京電力(株)の地元支社がスポンサーとなって開催される、文京区と豊島区の選抜チームによる対抗戦方式の大会で、今年が14回目となります。それぞれの区の地区ブロックで、6年生選手の選抜チームを編成して5試合を行なうのですが、レッドサンズは単独で参加する予定です。
が、試合当日は選手の半数近くが通う小学校の運動会と重なるため、6年生単独ではなく5年生との混成チームで参加することになりそうです。

夢のような5日間

先のシルバーウィーク(5連休)は、終わってみれば当に野球漬の5日間でした。

連休4日目までに2大会の優勝を遂げ、最終日は予定外の上級学年チームに加わっての試合。ここで、最後の最後に決勝エラーをしてしまった愚息ですが、それまでの成果があまりに出来すぎていて、チョット浮かれていた感じの我々親子に対し、「調子に乗りすぎるな」との天からの戒めであったのかもしれません。

愚息ともう一人の5年生選手にとって、予定外の試合となった23日(水)は、親にとっても一騒動となりました。

我が家では、休養と当て込んでユニフォームからバッティンググローブまで一式を洗濯してしまいました。ユニフォームは6年生チームの控え分を借りることが出来ましたが、それ以外のものは、試合開始前までに届けることにしました。そして、私が練習場所へ届けたのが、試合の行われる球場への移動直前だったので、そのままチームと一緒に移動して試合を観戦しようかなぁと思っていた所へ、カミサンからの電話が…
「何やっているの!お墓参りに行くんじゃないの?!」と、… (^o^;
23日がお彼岸の中日だと言うことをすっかり失念していたので、慌てて家へ戻って家族で墓参りに行きました。その後、車で試合の行われる球場(後楽公園)へ駆けつけました。(あのエラーは、もしかするとご先祖様の叱責だったのかも?)

もう一人の5年生選手の親御さんは、5年生チームのコーチも務められており、選手達を球場まで乗せていくための車出しにも協力することに。ところが、球場に着いた途端に車が故障して、うんともすんとも言わない状態になってしまい、レッカー車で工場にお蔵入りとなってしまったそうです。(球場に行く途中での故障ではなかったのが、不幸中の幸い)
この連休中にバッテリー周りが急におかしくなり、連休明けに点検・整備をしようと考えていたとのことですが、こちらも急な出動で故障が早まってしまったのかもしれません。
ちなみに、球場からの帰りは、σ(^^;)の車が5年生チームの車の代役になりました。

最後にもう一つ。試合を行ったグラウンドは、東京ドームの直ぐ傍にあって、時同じくして巨人の優勝をかけた試合が行われておりました。結果は、皆さんご存知だろうとはお思いますが、巨人が5対2で中日を下して、セリーグ三連覇を果たしました。\(^o^)/
この試合中、巨人にチャンスが訪れると、地響きのような応援の声が、ドームの外にまで聞こえてきて、目の前の試合と同様に気になってしまいました。

と、終わってみれば、この5日間は無理に遠出をして渋滞に合うこともなく、仕事上の問題などのしがらみを一切忘れて、たくさんの思い出が残る野球漬の5日間になりました。
また、直ぐに次の週末がやってきますが、連休中でも感染拡大が続く『新型インフルエンザ」が心配です。

本富士大会、緊急参戦

シルバーウィーク最終日の23日(水)、2大会3試合をこなした5年生チームは完全休養日でした。普段よりもちょっぴり寝坊して、今日の予定をどうするか考えていた所へ、一本の電話が…

方や、6年生チームは22日(火)から区内9チームでのリーグ戦「本富士大会」に参戦していました。23日も2試合が予定されていたのですが、ここへきてインフルエンザ禍に襲われてしまいました。なんと、チームメンバーの内4名がインフルエンザで倒れてしまい、残りのメンバーの内一人は怪我で試合には出れない状態。試合が出来る残りメンバーが10名に達しないこととなり、そのままでは試合放棄となってしまいます。
で、緊急事態ということで休養中の5年生に非常招集が掛かり、5年生コーチから冒頭の電話が来たという次第。とは言え、5年生メンバーも既に休日最終日の予定が決まっていたり不在だったりということで、最終的にウチともう一人、そして6年生の兄弟選手の4年生一人が助っ人になって試合に臨むこととなりました。

090923_056dsc_8554 090923_158dsc_8658 090923_210dsc_8717
090923_220dsc_8732_2 090923_305dsc_8825 090923_437dsc_8962
090923_539dsc_9081 090923_560dsc_9109 090923_565dsc_9114

6年生も普段とは違うポジションでの守備についたりと、急造混成チームでどうなるかと思ったのですが、第1試合はレッドサンズらしい試合運びで危なげなく勝利を得ることが出来ました。第2試合もいけるかなと思いきや、不運な内野安打やエラーが出て相手に先攻される苦しい戦いになりました。それでも、3番打者がフェンスオーバーの2ランを放つなどして同点においつき、最終回へ勝負がもつれ込みました。相手がヒットなどで二死2,3塁となったところで、愚息の所へ内野ゴロが、しっかりキャッチして攻守交替と思ったら…

やっちゃいました (ーー;)

一塁手のはるか上空を通り越す球を投げてしまい、2点を献上してしまいこれが決勝点となりました。その裏、反撃するも1点に留まりゲームセット。1勝1敗で試合を終えることになりました。

愚息は、第1試合では問題なく守備をこなし、第2試合でも最後を除けばまあまあの出来。打撃も、芯で捉えたライナーが野手正面をつき、ランナーが飛び出してしまいダブルプレーとなる不運もありました。前にも書きましたが、公式戦を5年生以外の学年と一緒に戦うことが稀なチームにあっては、大変貴重な経験を出来たと思います。と言っても、最後の最後で勝敗を決するミスをしてしまった愚息は、流石にかなり凹んでおりました。6年生メンバーには申し訳ないことでしたが、これも大きな勉強として、今後の試合に向けて乗り越えてくれればと思います。

本富士大会(23日)
 レッドサンズ 8-1 菊坂ファイヤーズ
 レッドサンズ 5-6 ストロングジュニア

ジャビットカップ予選も優勝!!

22日(火)5年生チームは、ジャビットカップ文京大会(予選)の決勝戦でした。
対戦相手は、「全員野球」を旗印にスマイルベースボールで実力を発揮する「文京パワーズ」さんです。21日(水)の準決勝戦でも、パワーズの選手達には笑顔が絶えず、シビアな投手戦を勝ち上がりました。

Dsc_7817

先攻はパワーズさんで、レッドサンズ先発は右腕エース。鋭い当りがありましたが、野手の正面に飛ぶ幸運にも恵まれ、1安打のみで無得点に抑えました。1回裏、レッドサンズの攻撃も、昨日の投手戦を投げ抜いた相手エースの絶妙のコントロールに3人で凡退。
2回表、四球とヒットで二死1、3塁となるも、後続を絶って無得点に抑えると、その裏、レッドサンズ打線が火を吹きました。四球を足がかりに、ヒットと相手守備の乱れに乗じ、打者11人で7得点のビッグイニングとしました。
3回表からは、昨日見事なピッチングを見せた左腕エースが登板し、昨日の勢いそのままに相手打線を抑え込みました。もちろん打たせて捕るピッチングで、守備もファインプレーで盛り立てました。攻撃では、4回裏に1点、5回裏にも長打を連ねて5点を取り大勢を決すると、最後2イニングを3人目のピッチャーが抑え、13対0で新人戦に続いての優勝を飾りました。\(^o^)/

Dsc_7825_2 Dsc_8125 Dsc_8299
Dsc_7830 Dsc_7990 Dsc_8017
Dsc_8058 Dsc_8147 Dsc_8214

これで、11月のジャビットカップチャンピオン大会に、文京区代表で参加することが決定しました。
表彰式のプレゼンターは、原辰徳巨人軍監督と東海大相模高時代からの同期で、日本ハムファイターズで活躍した津末英明さんでした。

Dsc_8390 Dsc_8419 Dsc_8464

読売巨人軍のサイトでも、優勝の記事が掲載されました。
http://www.giants.jp/G/tournament/tournament1/report_8843.html

4日間で2つの大会での優勝と、この上ない結果となった5年生チーム。4日間野球漬けともいえる日々を過ごした甲斐があったといえるでしょう。選手の皆さん、お疲れ様!そして、優勝おめでとう!チーム関係者の皆さん、応援の保護者の皆さんも大変お疲れ様でした。そして、おめでとうございました。
シルバーウィーク最終日は、じっくり休養(となるかどうかは保証の限りではありませんが)して、次の上部大会へ向けた英気を養うことといたしましょう。

090922_676dsc_8470
最優秀選手賞は…?

ジャビットカップ予選、決勝進出

区の秋季大会新人戦を優勝で飾ったばかりの5年生チームは、21日(日)にジャビットカップ文京区大会の準決勝戦を戦いました。
相手は、昨日の決勝戦と同じ「白山サンデーボーイズ」さんです。同じ相手とは言え、今日はバッテリーに6年生が加わり、昨日の雪辱を期すべく気合が入っているようでした。

レッドサンズの先発は左腕エースで、緩急の間合いで打たせて捕るピッチングを展開しました。相手投手は6年生で、流石に昨日に比べれば球威もコントロールも一枚上手と言う感じで、レッドサンズの打者も簡単には打たせて貰えない感じでした。しかし、2回に2塁打2本で1点を先制すると、3回にも相手ミスをきっかけに1点を追加、5回裏には3塁打と犠牲フライで3点目を取りました。少ないチャンスを確実にものして、点を挙げることが出来たようです。
投げては、左腕エースが絶好調だったようで、ゴロとフライの山を築いていきました。先制点を挙げてすぐ次の回の相手の攻撃では、ツーアウトランナー2塁からレフト前にヒットを打たれたものの、レフトからの好返球で2塁ランナーをホームで封殺することに成功し、試合の流れを引き寄せることが出来たようです。最終回に1点を取られたものの、結果としては3対1で勝って、明日22日(火)予定の決勝戦へ駒を進めました。

090921_008dsc_7406 090921_012dsc_7410 090921_022dsc_7420
090921_116dsc_7514 090921_127dsc_7528 090921_147dsc_7550tr
090921_210dsc_7621 090921_240dsc_7657 090921_249dsc_7666

決勝戦の相手は、同じく今日の準決勝戦で投手戦を競り勝った「文京パワーズ」さんです。優勝とジャビットカップの本大会への出場権を目指して、5年生チームのもう一頑張りを期待しましょう。

第33回文京区少年軟式野球秋季大会「新人戦」 優勝!

20日(日)、心配された台風の影響も無く、また選手達も新型インフルエンザに罹ることなく全員元気で秋季大会新人戦の決勝戦に臨む事ができました。

5年生の対戦相手は、長打力のある「白山サンデーボーイズ」さんでした。
初回の攻撃は、相手ピッチャーとのタイミングが合わずに0点でしたが、続く2回には打者15人で12点を挙げるビッグイニングとして、試合の主導権を握り、相手の反撃を1点に抑えて、14対1で見事に優勝しました。\(^o^)/ヤッタァ

090920_0791dsc_6701 090920_1244dsc_7163 090920_1316dsc_7236a
090920_1344dsc_7264 090920_1374dsc_7294 090920_1378dsc_7298
090920_1398dsc_7318 090920_1403dsc_7323tr 090920_1432dsc_7352

5年生としての初優勝となり、加えて東京都の新人戦大会への参加資格を得ることができました。チーム代表並びに監督・コーチの皆さん、お疲れ様でした。また、優勝おめでとうございました。応援の保護者の方々も、暑い中の声援、ご苦労様でした。そして、優勝おめでとうございました。

ちなみに愚息は、この試合先発出場し、打撃は2打数2安打1死球。守っては、ライトでライトゴロ2本をしっかりアウトにするなど、5年生になってから一番の上出来でした。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

5年生の試合に先立ち、低学年の部の決勝戦も行なわれ、レッドサンズ4年生対3年生の兄弟対決となりました。

090920_0144dsc_6030

夏季大会での、6年生対5年生に続いての兄弟対決で、野球経験が比較的浅い3年生チームが、格上の4年生チームを相手にどんな戦いぶりを見せてくれるのかが、楽しみでした。結果、やはり4年生が実力の差をしっかり発揮して、毎回得点の12対2で3年生チームを退けて、夏季大会に続く連覇を果たし、高学年とのアベック優勝も達成しました。
4年生チームの監督・コーチの皆さん、お疲れ様でした。また優勝おめでとうございました。保護者の皆さんも、応援ご苦労様でした。そして、見事な連覇、おめでとうございました。

090920_0582dsc_6489 090920_0599dsc_6506 090920_1334dsc_7254a
090920_1347dsc_7267 090920_1352dsc_7272 090920_1404dsc_7324trb

点差はついてしまいましたが、3年生も精一杯頑張って2点を奪い、一矢を報いての立派な準優勝だったと思います。3年生チームの監督・コーチの皆さん、お疲れ様でした。また、準優勝おめでとうございました。保護者の皆さんも、応援ご苦労様でした。そして、初めての準優勝、おめでとうございました。
090920_0595dsc_6502 090920_1341dsc_7261
090920_1349dsc_7269 090920_1414dsc_7334a

表彰式後、5年生、4年生、3年生一同に会しての記念写真
090920_1424dsc_7344

大会の結果一覧
2009

週末(5連休)の予定

今週末は5連休で、シルバーウィークとも呼ばれているみたいですね。
お金と時間に余裕があれば、どこかの温泉にでも浸かって美味しいものを食べてリフレッシュしたい所ですが、この連休中にも大事な野球の試合があります。

レッドサンズ5年生チームの予定は、以下のとおりです。

19日(土) 20日以降の試合に備えた練習
20日(日) 秋季大会新人戦の決勝戦
       (表彰式と閉会式も)
21日(月) ジャビット杯文京区予選 準決勝戦
22日(火) ジャビット杯文京区予選 決勝戦(21日に勝った場合)
23日(水) 未定

秋季大会とジャビット杯のどちらも、上部大会出場へ繋がるだけにしっかりと力を発揮して勝利を手にして欲しいと思います。ちなみに、秋季大会低学年の部決勝戦は、レッドサンズの4年生チームと3年生チームの兄弟対決となります。夏季大会での6年生と5年生の対決に続く、夢の第2幕と言えましょう。(筆者は大変楽しみな反面、応援をどうするか、まだ決めかねています。)

5年生チームの対戦相手は20日と21日のどちらも「白山サンデーボーイズ」さんです。大会日程とトーナメントの偶然とは言え、2日続けて同じチームと公式戦を戦うのも滅多に無いことでしょう。ただし、秋季大会は新人戦なので両チームとも5年生のみの選手が出場しますが、ジャビット杯は6年生も出場可能です。なので、「白山サンデーボーイズ」さんは、20日と21日で出場選手が変わるかもしれません。レッドサンズ5年生チームは、春と夏の大会でも、6年生のいるチームを相手に奮闘してきたので、ここも負けじと頑張ってほしい所です。

あと、気がかりなことと言えば、インフルエンザと台風14号です。愚息の通う学校では、幸いにもそれほど新型インフルエンザの感染は広がっていないようですが、チームメートがいる近隣校では学級閉鎖となっているところも、少なからずあります。まだ、抗体を持っていない子供たちは、大会が終了するまで感染しないように祈るばかりです。もちろん、野球以外に運動会などの学校行事が目白押しですから、野球の大会が終われば感染しても構わないなどと言うことはありません。
一方、台風14号は勢力がとても強く大型のようで、予報では最も北寄りのコースを進むと19日夜半から20日朝にかけて、関東南岸に接近する恐れがあります。台風本体のみならず、秋雨前線の活動が活発化する可能性もあるので、なんとか台風が東に逸れて影響が小さくなることを願いましょう。

少年野球ならではの珍プレー?

二死満塁でツーストライクから、打者は空振りの三振。が、そのボールを捕手が後逸し、打者は振り逃げで1塁へダッシュ!

<振り逃げが出来る条件>
 ・無死か一死で、1塁に走者がいない場合
 ・二死の場合

慌てた捕手は、後逸したボールを拾って1塁へ投げるも悪送球でセーフに。(^◇^;)げっ
この間に3塁ランナーに続いて2塁ランナーもホームイン!!

このとき、3塁ランナーは三振アウトと思ってスタートが遅れていました。また、満塁ですから、捕手がボールを拾ってそのままホームに戻っても、十分フォースアウトにできる余裕がありましたが、反射的に1塁へ送球してしまったようです。(もっとも、投手もホームカバーに来ていませんでしたが)

もう一つ、似たようなケース

同じく二死満塁で、打者はセーフティバントを敢行。
ボールは、ホーム前のフェアグラウンドで高く弾みました。捕手は、首尾よくボールを捕ってホームを踏む… と思いきや、踏まずに1塁へ送球しました。(?_?;) この送球が逸れてしまい、3塁ランナーに続いて2塁ランナーもホームイン。打者走者も2塁まで進んでしまいました。これも、捕球後にホームベースで簡単にフォースアウトとなる場面でした。

いずれのケースも捕手選手のミスと言ってしまえばそれまでですが、少年野球ならではのプレーとも言えます。このような時は、ベンチからの確認・指示も必要かもしれません。

ジャビットカップ文京区予選

13日(日)に秋季大会準決勝戦に続いて、ジャビットカップの文京区予選大会の2回戦に5年生が臨みました。1回戦はシードされたので、これが初戦ですが、実態はダブルヘッダーの2戦目です。

試合の合間にエネルギー補給
090913_320dsc_5608

相手は、打力に定評のある「礫川」さんです。
先発は、2試合連投となる左腕エースですが、打たせて取るピッチングに疲れは見えず、無難に相手の攻撃を0点で抑えると、その裏4番バッターのホームランで2点を先制。2回までに3点をリードしました。
3回、内野の守備の乱れと四死球にヒットを絡められて、一挙に5点を奪われ逆転されますが、その裏にレッドサンズも同じように相手のミスもあって5点を取り返し再逆転。4回には2点を取られ1点差にされるも、二人のピッチャーを挟んで左腕エースが最後に相手の攻撃を抑え、その裏に5点を追加してそのまま押し切って勝利を得ることが出来ました。(愚息は最終回の守りで登場、ウイニングボールとなるフライをしっかり取れました。打撃機会は無し。)

090913_336dsc_5624 090913_344dsc_5632 090913_363dsc_5651
090913_383dsc_5672 090913_388dsc_5677 090913_415dsc_5705
090913_423dsc_5713 090913_436dsc_5726 090913_468dsc_5759
090913_500dsc_5791 090913_518dsc_5809

次戦は、準決勝戦となりますが、今の勢いで優勝まで勝ち取って欲しいと思います。

決勝進出、そして夢再び

一日延びた秋季大会新人戦の準決勝戦。
5年生は、「駒込チャイルド」さんとの対戦でした。
090913_004dsc_5245 090913_052dsc_5298

初回、先発左腕の打たせて取るピッチングと内外野の連携で、相手の攻撃を0封した後、先頭打者ホームランで1点を先制。その後も四球を足がかりに着実に点を重ね、1番バッターが2本目のホームランを放つなどして相手の反撃を許さず、見事7対0でコールド勝ちしました。(愚息は、二死満塁で代打で登場。ここで三塁ランナーが帰ればコールド勝ちというところで、ファウルで粘るも結局見逃し三振に倒れてしまいました。(-_-;))

090913_070dsc_5317 090913_280dsc_5557 090913_166dsc_5426
090913_099dsc_5350 090913_304dsc_5583 090913_307dsc_5588

これで、決勝戦に進出、優勝を目指すこととなりました。\(^o^)/ヤッタァ

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

低学年の部の準決勝戦に挑んだ4年生チームと3年生チーム。

4年生の相手は、5年生と同じく「駒込チャイルド」さんでしたが、こちらも5対0で見事に決勝進出を決め、夏季大会に続く優勝を目指します。
そして、3年生チームは「上動ファイターズ」さんと対戦。4年生がいる相手に3点をリードされるも、最終回の裏に一挙4点を挙げ、劇的な逆転サヨナラ勝ちで決勝戦への切符を手に入れました。これで夏季大会の高学年の部に続いて、低学年の決勝戦で兄弟対決が実現することになりました!
当に夢再び!3年生チームの頑張りは快挙も快挙、凄いことです。(O_o)WAO!!!

来週の決勝戦も、レッドサンズ3チームが揃い踏みで待ち遠しくなりました。
5年生チームを応援するのはもちろんのことですが、さて、4年生チームと3年生チームは応援に優劣が付けられません。贅沢な悩みです。

仕切りなおし

5年生は練習のため、秋季大会新人戦の低学年準決勝戦を観戦しに行きました。

第1試合は4年生チームで、1回の先攻からヒットと四球を足がかりに、先取点をあげて幸先良いスタートと思ったのですが、攻撃中に雨が降り出して止む気配がないまま、ノーゲームとなってしまいました。3年生が登場予定の第2試合も中止となり、いずれも明日に順延となりました。もう一回、仕切り直しですね。

5年生の練習も、同じく雨で予定が変更となり、お昼で打ち切りとなりました。
明日は天候は回復するようなので、5年生から3年生までの3チーム、それぞれにベストを尽くして勝利を目指して欲しいと思います。

9月12日と13日の予定

今週末は、5年生チームは2つの大会の試合が予定されています。その内の一つ、秋季新人戦の準決勝戦が、当初予定されていた12日(土)から13日(日)に変更となりました。結果、12日(土)は通常練習となりました。

翌13日(日)に、秋季新人戦の準決勝戦とジャビットカップ少年野球大会の文京区予選2回戦の2試合を行ないます。秋季新人戦準決勝の相手は、攻守のバランスにすぐれ、春季大会と夏季大会の準決勝戦でも対戦した「駒込チャイルド」さんです。ジャビットカップの2回戦は、打撃力に定評のある「礫川」さんと対戦します。

今週起きた新型インフルエンザの感染禍もひとまず収まったようで、フルに5年生の力を発揮して欲しいと思います。

その他では、12日(土)に秋季新人戦低学年の部の準決勝戦2試合が予定されていて、それぞれ4年生チームと3年生チームが登場します。こちらも、目が離せませんね。

インフルエンザ到来

日曜日に選手1名が罹った新型インフルエンザ。

週が明けたら、選手が通う各学校でも罹患者が出ていて、感染の拡大が始まった可能性があります。残念ながら、チームのメンバーにも新たな感染者が出てしまいました。幸い、症状は軽く済んでいるのですが、1週間ぐらいは治療に専念する事が望ましいようです。となると、仮に明日以降に感染が明らかになったら、週末の試合に出られないかもしれません…

日曜日の結果

6日日曜日、5年生は練習でしたが、新人大会の低学年の部にレッドサンズ4年生以下の3チームが登場しました。

Aチーム(4年生)は、「菊坂ファイヤーズさんと対戦し、見事に8対1でコールド勝ちしたそうです。
Bチーム(3年生)は、「茗荷谷クラブ」さんと対戦し、こちらも5対0で完封勝利だったそうです。
Cチーム(2年生)は、「駒込チャイルド」さんとの対戦で、善戦するも0対9でコールド負けとなったようです。

筆者は、5年生の練習の手伝いで試合を観戦することは出来ませんでしたが、各チーム見事な試合振りだったのではないでしょうか。これで、今大会に出場した4チームの内3チームが、来週の準決勝戦へ駒を進められたことになります。2年生はここで大会を終えることになりましたが、初戦を勝利したことで大きな自信を持てたのではないでしょうか。
これからの成長が、とても楽しみになりそうですね。

5年生チームは、朝から秋ヶ瀬で練習でしたが、グラウンドが確保できずに広場のような所での練習でした。でも、今日はお昼ご飯を食べたところで、練習を終えて休養となりました。と言うのも、欠席した選手1名、ついに、新型インフルエンザの魔の手に落ちた疑いがあることが判ったからです。(ToT)
いよいよ恐れていた事態が起きてしまいましたが、誰かが感染するのは時間の問題とも思っていたので、新人戦の大会中に他の選手への感染が広がらないことを祈るばかりです。

新人戦初戦を快勝

5年生は、秋季大会新人戦の初戦(シードされて2回戦から)を、「リトルモンキーズ」さんと戦い、22対0のコールド勝ちをおさめました。

090905_270dsc_5156

初回の立ち上がり、朝早くて今一調子が上がらなかったのか、先攻の相手に四球とヒットで二死満塁とされましたが、なんとか0点で抑えました。その裏、2番打者に久しぶりの会心の当たりが出て、センターオーバーのホームランが出て1点を先制。続く2回、本調子が出たエースは相手を3者凡退に抑えると、その裏、相手投手の制球が定まらなかったこともあり、四球にヒット、ホームランと打者二巡の畳み掛ける攻撃で一気に17点を取りました。そして、3回にもホームランが出て、規定によりコールド勝ちとなりました。

090905_057dsc_4934 090905_215dsc_5101 090905_236dsc_5122
090905_096dsc_4973 090905_140dsc_5019 090905_154dsc_5035
090905_163dsc_5046 090905_185dsc_5070 090905_264dsc_5150

朝早くからの応援の保護者の皆さん、お疲れ様でした。
次の試合は、翌週12日(土)に、これまた春夏の大会に続いて「駒込チャイルド」さんとの準決勝戦になります。選手達が何とかインフルエンザに罹らないよう、体調管理をしっかりしたいですね。

試合後、お昼からは「荒川コンドル」さんとの練習試合を行ないました。筆者は都合で観戦していませんが、朝の調子をそのまま継続して発揮したようで、14対3で勝利したとのことです。
「荒川コンドル」さんには、大変お世話になり、ありがとうございました。

9月5日と6日の予定

今週末の5年生の予定は、先週28日にアップした記事のとおり、5日土曜日は秋季大会新人戦の初戦となります。対戦相手は、春夏の2大会に続いて「リトルモンキーズ」さんです。いよいよ夏の練習の成果を発揮する舞台ですが、試合開始時間が朝7時半と早いので、金曜日は夜更かし厳禁ですね。
大会の試合が終わった後は、「荒川コンドル」さんとの練習試合が予定されています。

6日日曜日は、通常練習の予定です。

筆者、5日の大会の初戦は観戦の予定ですが、午後は所用があるため練習試合は見れません。また、6日は、練習のお手伝いがなければ、低学年の部に登場する4年生以下の3チームの試合を、観戦できればと思っていましたが、お手伝いすることになりそうで、観戦は無理なようです。でも、各チーム持っている力を充分に発揮して頑張ってくださいね。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ