フォト

バナーリンク

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

6月に向けて

今日で5月も終わりです。5月最後の週末も、天気は今一でした。
30日は朝から雨模様で、練習は高架下でのトレーニングが中心、31日は午前中は雨はぱらぱら程度でしたが、午後にはまとまった雨も降りました。愚息は31日は学校行事(授業参観)で、練習はお休みでした。(チームとしての練習は、ありましたが)

6月になると、各種大会が始まります。
6日からは6年生が東京都大会に参戦。
13日は、5年生が三区(新宿 中央・文京・台東)親善大会に参戦します。そして、今日抽せんが行なわれた文京区の夏季大会が、27日から始まる予定です。ただし、季節は梅雨になりますから、試合進行と体調管理のいずれも心配になりますが、天気ばかりは神頼み。子供たちの体調面だけでもしっかり管理して、いつでも万全の状態で試合に臨める様にしてあげたいところです。

~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~~~☆~~

30日に、チームメイトのお父さん方とお話をする機会を得ました。その中で、5/24にアップした記事「One for All、All for One」について、共感出来る部分があると言うご意見をいただきました。また、子供たちの意識・考えを聞いた方のお話も伺ったところ、子供たちの中にも、チームへの貢献については改善していかなくてはいけないと言う意識を持った子供がいるということで、とても頼もしく思えました。
自覚があるなら、後は行動するのみですから、思った以上に早く意識と行動の改革が進んでいくかも知れません。

今週末5月30日と31日の予定

今週末も、基本的には通常の練習予定。

ただし、土曜日30日は、今の予報だとお天気が芳しくありません。仮に雨が止んだとしても、グランドコンディションの関係で、練習内容が変わってしまう可能性が高いです。

日曜日31日は、学校の授業参観日なので、息子(及び同じ学校の同級生全員)は、練習はお休みです。

One for All,All for One

午前中は夏の日差しで蒸し暑くトレーニングも大変でしたが、午後からは日が陰り、風も出て練習には最適の条件となりました。
24日(日)は、生憎の雨模様で予定したグラウンド練習は行なわず、高架下でトレーニングと簡単な練習に変わったようです。

「One for All,All for One」

野球は言うまでもなく、チームスポーツです。個人の能力の高さもさることながら、いわゆるチームワークがなければ、試合で勝つことはできません。故にタイトルのような格言・金言が、数多くあります。

さて、春の大会を終えた5年生チーム。6年生のいる他チームに勝つほどですから、実力はそこそこあることは事実でしょう。が、この先上部大会などで各地の実力のあるチームと戦うことになったときに何処まで通用するか、野球指導のシロートの筆者は判りません。
ただ、一つ気になることがあります。
それは、今年卒業した前6年生チームと今の6年生チームとのチームとしてのまとまりと言うか、チーム全体への個々の選手の関わり方が、少し違うと感じるところです。どう違うのかと言うと、このタイトルにつけた言葉の表すところが目に見えるか、見えないかということです。即ち、過去の上位学年はタイトルのとおりの意識が行動として目に見えていたと思います。対して、今の5年生は上位学年に比べると、その意識がやや低いのか、行動としてもあまり出てきていないように感じます。

もっとも、チームとしてのまとまりがないわけではありませんし、多少のふざけあいは合っても、試合になれば皆一緒になって戦います。では、なぜここで問題視するかというと、レッドサンズの上級生にしても、他チームにしても、実力のあるチームは総じて選手全員のチームへの貢献と言う意識が徹底されていて、それが行動としてきちんと現われているからです。具体的に言えば、練習のときのチームの道具の運搬・片付け、試合のときの打者バットの引取り、声がけといったことを、選手が自主的にかつ整然と出来ていると言う部分です。
こういった行動が、今の5年生は、自主的にかつ整然と常に出来るようにはなっていなくて、監督・コーチに促されてからでないと出来なかったり、チームの道具の運搬も楽なものを取り合ったりしてしまうのです。言い方を変えると、実力はあっても考え方がまだまだ子供と言う感じです。愚息も、以前そのような行動が垣間見えたので、「楽しいことはやるけど、辛いことや面白くないことはやらない。」とか「自分だけよければ…」と言う意識や、そう見える行動はしないように指示しています。
(具体的な内容として、例えば「バットの引取りは率先してやる。」、「チームの道具は、人がやりたがらないもの率先して担当する。」ということを話しています。)

このチームへの貢献と言う意識については、コーチからももちろん繰り返し指導をしていただいているようですが、子どもたちが期待通りに動けるようになるまでには、もう少し時間がかかりそうです。「One for All,All for One」ということを実践するのは、大人でもなかなか難しいことではありますが、事実ちゃんとできるチームがいる以上、5年生の選手も「チームへの貢献」と言う意識と行動のレベルアップも果たしてほしいと思います。

5/23,24の予定

今週末は、土日とも通常の練習みたいです。

土曜日は、コーチも車も足りないようでお手伝いの依頼が来ました。午後から、車出しと練習のお手伝いになるかもしれません。午後の練習は、墨田区の荒川の河川敷にある野球場で行なう予定との事です。

日曜日は、秋が瀬まで行く予定との事ですが、こちらは先週末と同様、お天気がやや心配です。

カラスに注意

この時期、カラスも子育て真っ最中。
ヒナ(幼鳥)や巣を守るために、近くを通る人間を攻撃したりして問題になったりしますが、それ以外にも鳥の中では頭の良いカラスならではのトラブルも起きます。

16日(土)に秋ヶ瀬グラウンドで練習していたときのこと。

グランド横のベンチ周辺に全員の荷物を置いて練習をしていたのですが、あるコーチの荷物(Dパック)の口が半分ほど開いていたようです。そうしたら、カラスがその口を広げて、中にあったお昼のお弁当(コンビニで買ったパン)を持っていってしまいました。子供たちが最初にカラスに気付いたのですが、荷物の方に行きかけたときには、もうパンを口にくわえて飛び去るところでした。
そのコーチは、泣く泣くヾ(^^;)お昼のお弁当を買い直すことになりましたが、その後も同じカラスかどうかは判りませんが、何回か荷物の傍に寄って来るカラスがいました。乳幼児が手に持っているものでも、大人がいなければ強引に持っていてしまうこともあるようです。

今の時期はカラスも子育てで、普段よりも一層餌探しに精を出しているようなので、食べ物を盗られないように注意しないといけません。

いよいよ。。。か?

先週の土曜日は、秋ヶ瀬で丸一日、ストレッチから内外野の守備練習、バッティング練習を行ないました。車当番でもあったので、ちょっとだけ練習のお手伝いもしましたが、普段の怠惰な生活のおかげで、翌日しっかり筋肉痛になりました。

日曜日も、秋ヶ瀬での練習が予定されていたのですが、生憎の雨模様となったため、高架下での練習に変更となりました。

関西地区で感染が広がり始めた新型インフルエンザ。兵庫と大阪では学校が7日間休校となってしまいました。こうなると、当然少年野球も何も出来ません。(他のアマチュアスポーツ、特に高校と大学関係は、影響が大きいようですが)首都圏にも、そう遠くない時期に感染が広がるのは避けられないでしょう。そのときに、今の関西と同じような対応になるのか、それとも従来からある(季節性)インフルエンザ並みの柔軟な対応となるのか。そして何よりも、選手(子供)達が感染せずに野球を楽しめるかどうかが、気になります。

5/16,17の予定

今週末5/16,17も、5年生は先週同様、通常練習の予定です。

16日(土)は、車当番となりました。ちょっと、お天気が心配ですが、先週のような暑さは心配しなくて済みそうです。6月中旬に、3区親善大会に出場することになったとのことなので、それまでにしっかり練習が出来ればよいのですが。

砂だらけ

9日と10日は、小石川グラウンドでの練習でした。

両日とも、初夏を思わせる暑さで、ジャグの水も足りなくなるほど。この先、本格的な夏に向かって、水分補給も充分にできるように、ジャグも二つ用意することになったようです。
そんな中で、今日は愚息は頭から全身砂だらけで帰ってきました。それだけ、練習に打ち込んでいたと思いますが(遊びで砂だらけだったら、コーチから雷が落ちるはずなので)、今日は今まで一番凄かったので、玄関から風呂場へ直行させました。(^_^;)ゞ

5/9,10の予定

今週末9日と10日は、いつものとおりの練習。夏の大会に向けてのスタートです。

天気予報では、晴れて暑くなりそうです。子供(選手)が水分補給をしっかりできるように、準備しなくてはいけませんね。
子供が練習で汗を流している間、筆者は写真の整理かな~

春季区大会 成績(閉会式)

学童の部
 優勝  レッドサンズA(6年生)
 準優勝 駒込チャイルド
 第3位 レッドサンズB(5年生)
  〃  菊坂ファイヤーズA

学童低学年の部
 優勝  白山サンデーボーイズ
 準優勝 菊坂ファイヤーズA
 
中学の部
 優勝  文京チャレンジャーズA
 準優勝 大塚オールスターズA

最優秀選手には、キャプテンが選ばれました。
090504_506_dsc_5822 090504_498_dsc_5814

5年生も3位の表彰を受けました。
090504_500_dsc_5816

閉会式での行進
090504_539_dsc_5855 090504_545_dsc_5861

春季区大会 決勝戦

記事の内容が前後してしまいますが、5月4日みどりの日、第34回文京区少年野球大会(春季大会)の決勝戦を6年生チームが戦いました。
相手は、準決勝戦で隙のない試合運びで、5年生チームに勝った「駒込チャイルド」さんです。

090504_008_dsc_5269

先攻のレッドサンズは、制球がやや定まらない相手投手から選んだ四球を足がかりに、1回表に2点を先制し、幸先の良いスタート切りました。その後、2回と4回にも足攻と相手のミスに乗じて追加点を上げ、流れを引き寄せました。
駒込チャイルドさんも、2回と3回に好調の打線がヒットを繋いで1点ずつ返すも、レッドサンズはしっかりと守りきり、最小失点で切り抜けました。最終回には、四球と4番の一振り(2塁打)相手守備の隙をつく果敢な走塁で、ダメ押しの2点を取りました。相手の最後の攻撃では、ランナーを3塁まで進められたものの、好投した先発に続いて抑えのエースの二人が後続を完璧に抑えて、7対2で見事に優勝を成し遂げました。

090504_139_dsc_5406 090504_361_dsc_5674 090504_378_dsc_5692
090504_109_dsc_5376 090504_213_dsc_5484a 090504_347_dsc_5654
090504_280_dsc_5571 090504_416_dsc_5732 090504_432_dsc_5748

試合後、相手チームの方から聞いた話では、6年生主力選手3名が陸上大会(学校行事)で不参加だったとのことです。たらればの話は意味がありませんが、夏の大会では「駒込チャイルド」さんを初め他のチームも、打倒!レッドサンズと言うことは無くても、ベストメンバーで優勝を目指して練習を重ねてくることでしょう。
レッドサンズの各学年選手も、それに負けないように、また練習に勤しんでほしいと思います。

試合後のインタビュー
090504_475_dsc_5791

優勝の喜び一杯?
090504_552_dsc_5868

野球教室 中止

5月6日は、六義公園グラウンドにて東京読売巨人軍による野球教室が開催される予定でしたが、雨天のため中止となってしまいました。代替開催については未定のようなので、中止となってしまい残念でした。

第34回文京区少年野球大会(春季大会) 優勝と3位

5月4日みどりの日、第34回文京区少年野球大会(春季大会)の決勝と閉会式が行なわれました。

学童の部の決勝に進出したレッドサンズ6年生は、見事に優勝いたしました。
6年生の皆さんおめでとう!
Dsc_5778 Dsc_5810 Dsc_5872

5年生も第3位でメダルを貰いました。おめでとう!
Dsc_5897

(筆者、外出のため取り急ぎのアップです。詳細は後ほど)m(_ _;)m

1勝2敗

5月3日憲法記念日、レッドサンズ5年生と6年生は準決勝戦を戦いました。

5年生の相手は、昨年も春と夏の区大会決勝で戦った強豪「駒込チャイルド」さんです。昨年は同学年同士でしたが、今年は6年生主体のチームが相手です。
1回は無難に抑えましたが、2回は四球とヒットなどで4点を奪われてしまいました。一方、攻撃ではなかなか相手投手の球を捕らえきれませんでした。3回裏に四球から相手のミスに乗じて1点をあげたものの、その後はヒット等でチャンスを作るもあと一本が出ずに無得点のまま。相手には長打こそ打たれなかったものの、テキサスヒットや内野安打で5回に追加点を取られ、1対6でゲームセットなりました。

090503_054_dsc_4689  090503_127_dsc_4773
090503_280_dsc_4951  090503_156_dsc_4803tr

残念ながら決勝へは進めませんでしたが、精一杯戦い6年生チームと互角に渡り合っての3位は見事だと思います。5年生の選手の皆さん、大変良く頑張りました。監督・コーチの皆さん、応援の父兄の方々もお疲れ様でした。

5年生に続いて6年生の試合。相手は、打線好調の「菊坂ファイヤーズ」さんです。
相手の攻撃では打線の好調さを裏付けるとおり、毎回ランナーを背負う厳しい状況でしたが、要所をきっちり抑えて無得点で切り抜けました。攻撃では、こちらも会心の当りは少なかったものの、足を生かした攻撃で4回までに毎回1点ずつ得点を重ね、5回はヒットも続きダメ押しの2点を取りました。そして、そのまま時間制限により6対0で完封勝ちとなりました。

投手の調子は上々
090503_319_dsc_4994 090503_479_dsc_5162 090503_555_dsc_5241

攻撃は果敢に
090503_420_dsc_5099 090503_523_dsc_5208 090503_541_dsc_5227tr

守ってベンチも盛り上がる
090503_413_dsc_5092 090503_456_dsc_5138 090503_573_dsc_5259

これで、6年生は今日5年生に勝った「駒込チャイルド」さんと、明日優勝をかけて戦います。夢の兄弟対決は叶いませんでしたが、その代わりチーム一丸となって6年生を応援することにいたしましょう。

昨日の2回戦を勝った4年生チームも、同じく準決勝戦に臨みましたが、残念ながら負けてしまったとの事で、5年生と同じく3位ということになります。4年生としては優勝狙いだっただけに悔しいかもしれませんが、夏に向けて頑張ってほしいと思います。4年生チームの皆さん、お疲れ様でした。

と言うことで、本日の成績は1勝2敗となりました。

GWは大会大詰め

今日から5月。明日2日からはいよいよGW本番ですが、春季大会も大詰めとなります。今の天気予報では、予定の日程どおり試合が出来そうです。

6年生
 2日:練習
 3日:準決勝戦 (対戦相手は、2日に決定)
 4日:決勝戦 (まで行く予定)

5年生
 2日:練習
 3日:準決勝戦 (対戦相手は駒込チャイルドさん)
 4日:決勝戦 (まで行ったら凄い?)

4年生
 2日:2回戦
 3日:準決勝戦 (は、行く予定)
 4日:決勝戦 (も行きたい?)

1回戦と2回戦で地力に勝るチームを相手に、投打が噛合って白星をもぎ取った5年生は、強豪「駒込チャイルド」さんに挑むことになりました。普通に考えれば負けて当たり前なのでしょうが、5年生チームはどんなパフォーマンスを見せてくれるでしょうか。いずれにしても精一杯、そして悔いのない試合をして欲しいと思います。

ただ一つ気になるのは、新型インフルエンザ禍。
ここへ来て、国内感染が疑われると言う報道が相次ぎました。今のところは疑いは全て晴れて事なきを得ていますが、一度国内感染と言う事態が(特に首都圏で)発生すると、前にも書きましたが野球大会が中止される可能性もでてくるのではないかと懸念しています。なんとか、無事決勝戦まで試合が出来るよう祈っています。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ